​VAPEを通じ社会貢献を

健康志向の現代。
喫煙の習慣が病気の原因といわれ、禁煙志向が叫ばれ、受動喫煙などの問題から街では分煙化が進んでいます。
愛煙家は街の隅に追いやられ、文字通り「煙たがられる」存在となりました。
煙や臭いの少ないiQOS(アイコス)などの「電子タバコ」が流行りになっていますが、「煙をくぐらす行為」としては全く物足りない愛煙家も多いようです。
VAPE(ベイプ)は、そんな愛煙家だけでなく、おしゃれに香りを楽しむアイテムとして今注目されているグッズの一つです。
Bringer Japanでは、今注目のVAPE(ベイプ)グッズ販売から、リキッド(ジュース)の企画・開発・販売の会社として発足いたしました。
禁煙の一助として、また、おしゃれアイテムとして、私達はVAPE(ベイプ)を通して社会に貢献していきたいと考えています。

VAPE(ベイプ)とは

VAPE(ベイプ)とはいわゆる電子タバコの通称ですが、以前まであったタバコの形をしたものではなく、よりスタイリッシュになったデザインの電子タバコの総称として使われています。
少量のリキッド(ジュース)を熱して煙を生成します。
本物のタバコに似ていますが、これは正確には煙ではなくリキッドを熱した際に出る蒸気です。
ですので、副流煙や火災などの心配はありません。日本でも認知度が上がってきていますが、本場のアメリカでは「禁煙道具」として使われているというよりは、むしろ一つのカルチャー/ファッションとしての地位を築いており、専門のVAPE SHOPや様々なブランドがでています。
アパレルブランドとのコラボや有名セレブがベイパー(ベイプを楽しむ人の総称)を宣言したことからかなりの知名度を誇っています。

VAPE(ベイプ)<電子タバコ>とタバコの違い

VAPE(ベイプ)<電子タバコ>とは、タバコ型の吸入器によってタバコ味(ほとんどのベイパーは逆にタバコ味を選ばないですが・・・)やミント、フルーツなどの味・香りをつけた水蒸気を吸引します。
吸入器は、カートリッジに入った液体(ジュース)をバッテリーによって加熱することで霧(煙)を出すという仕組みになっており、上位機種では温度管理などをすることでフレーバー重視や煙重視などカスタマイズが可能です。
タバコだと衣服や室内にニオイが気になりますが、VAPE(ベイプ)<電子タバコ>の場合はそういったことが一切ありません。ですので、「健康的」にまた、周囲に迷惑をかけること無しに、煙や香りを楽しむことができます。

Copyright © Bringer Japan Co., Ltd.  All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon
  • Facebookの社会的なアイコン